ブログ

blog

HOME > 2011 > 7月

ブログ  blog

2011年07月18日

「伝える力」 ~国政挑戦を決断してから1年が経過して~

なでしこJAPAN。

やりましたね!

未明から、何度も鳥肌が立った試合でした。

アメリカ先制弾。なでしこ同点弾。

アメリカ追加弾。なでしこ再同点弾。

粘って粘ってのPK選。

相手のクリアミスを拾って押し込んだ宮間選手のゴールも、

延長後半戦に角度のない地点から流し込んだ澤選手のゴールも、

PK選の相手の一発目で、空中に残した右足でボールを跳ね返した海堀選手のファインセーブも、

それこそ粘りの気持ちというか、勝利への強烈な執念が表れていましたね。


絶対に諦めない。頑張ればできるんだ。


改めてそう思わせてくれる、日本列島に大きな感動と夢を与えてくれた素晴らしい勝利でした。

私たち日本人一人ひとりも、そんな気持ちをもって、震災からの復旧・復興へ取り組み続けていきたいですね。


さて、その震災から4か月以上が経過しました。

現地では復旧作業が懸命に進められています。

しかし、まだ3分の1しか進んでいない瓦礫の撤去を含め、復旧・復興のためにやらねばならない作業は山積み状態です。また、福島第一原発の事故処理は依然として継続しています。

このような中で、一貫性を欠く政府の対応、特に総理にあるまじき軽軽な発言、右顧左眄(うこさべん)する姿勢は国民に希望を与えるどころか、絶望に拍車をかけています。


「信無くば立たず」


論語にある有名な一説です。

まさに今、この国が危機に瀕しているのは、このような政治への不信が募っているからに他なりません。

その不信が募る原因は様々でしょうが、私が特に気になるのは、今の我が国の政治には「伝える力」が欠けているという点です。

これは菅総理の言動を見れば一目瞭然です。


昨夏の総理就任直後に、消費税増税に関する熟慮無き発言と即時撤回により、参院選で民主党が敗北を喫しました。これは、「増税」そのものに対する嫌悪感というよりも、「増税」という極めて重いテーマには到底相応しくない発言の軽々しさに対する嫌悪感の発露であったと思います。


つまり、

何故、消費税増税が必要なのか。何故、今なのか。増税のメリット・デメリットは何か。メリットを実現する(デメリットを回避する)代替手段は存在しないのか。何故、メリットがデメリットを上回ると考えられるのか。増税の具体的な方法やスケジュールは何か等々。

こういった点について、一つひとつ熟議を重ね、その結論を丁寧に伝える努力を怠ったことに私たち国民が怒りを覚えたのだと思います。


あれからまだ一年しか経っておりません。

「喉元過ぎれば熱さ忘れる」

とはよく言ったものです。

この度の原発事故を巡る一連の過程においても、

浜岡原発の突然の停止要請、

玄海原発再稼働を要請した直後における突然のストレステスト実施表明、

そして先日の仰々しい総理記者会見直後に「脱原発依存は個人の考え」と急遽釈明に転じる姿。


原発政策を今後どのように舵取りしていくのかという点は、単なるエネルギー政策や経済政策という枠を超えて、国家戦略全体に関わってくる重要な問題です。それは、資源エネルギー問題が先の大戦へと突っ込んでいく一因となったとされる背景や、二度にわたる石油ショックの経験を踏まえれば明らかなことです。今回の原発事故を受けて、エネルギー供給の「安定性」と「安全性」をいかに高い地点で妥結させるのか、政治に大きな責務が課されている中で、総理には、「脱原発」の是非について、その大きな方針と具体的な政策と理由を私たち国民に向けてしっかりと説明し、かつ、説得する責任があると思います。

説明責任を放棄したり、一貫性を欠く発言を繰り返したりするのであれば、思いを伝えることなど不可能です。そんな政治家が総理の座に居座る資格は無いと私は考えます。


この「伝える力」という意味において、私は米国のリーダー達の方が断然優れていると感じてきました。

911、イラク戦争開戦、リーマン・ショックといった大事件が生じた際は勿論のこと、内政・外政について政府が重大な決断を下す場面では、必ずと言っていいほど大統領本人によって国民への語りかけが行われます。

夜8時頃に殆どのキー局のテレビ画面がホワイトハウスに切り替わり、大統領が登場します。

「今は苦しい時期だ。だからこそ、我々米国人の総力を結集し、必ず道を切り拓こう。そのためにも政府は、○○の方向性で、△△、□□といった政策を着実に遂行していく。」

進むべき方向性と具体的な政策を示し、それを実現する覚悟と協力を、自信を持って国民に訴えかけます。米国のメディアは厳しいですから批判も多々ありますが、大統領が国民に語りかける言葉には自信と説得力があって、多くの国民が一定の安心感を得るのに寄与していると私は感じてきました。


今、我が国では、政治全体が批判の嵐に晒されています。

それは、政治にもっとしっかりして欲しいという気持ちの裏返しだと私は捉えています。

先行きが不透明な中で、日々の暮らしや子供たちの将来、そして地域や国の行く末に対して、多くの方々が不安を抱えている。

だから、リーダーである総理には、その悲痛な思いを感じ取って頂き、揺るぎなきビジョンと覚悟を、自信を持って説明してもらいたい。そして、それに心から納得したい。これが多くの方々に共通する思いだと思います。


批判に晒されている時に、聞こえの良い事だけを、整合性も持続可能性も無いのに選挙目的で並べ立ててきたのが従来の政治。でも逆だと思いませんか?批判に晒されているからこそ、短期的に耳障りであっても、中長期的に正しいことを正面から論じていく、そんな政治を実現したいという思いが私にはあります。

さもなくば、この国は崩壊のスパイラルから抜け出せなくなる。

主権と独立を放棄するかのような、戦略と自己主張を欠いた場当たり的な外交政策。人口減少が現実となり、経済全体のパイが縮小しているにもかかわらず、パイの切り分け方、所得の再配分でしかないバラマキに固執する時代錯誤の経済政策。亡国に導くような迎合政治とは決別し、この国の未来を皆様と力を合わせて切り拓く姿勢を示すことを通じて、信頼できる政治を必ず取り戻したいです。


最後に、私ごとで恐れ入りますが、昨夏、自民党の支部長に就任してから一年が経過しました。皆様のご指導・ご支援のお蔭で、多くの勉強をさせて頂きました。まだまだ発展途上ではございますが、自らの思いを一人でも多くの方の心に伝えられるようにこれからも精進してまいります。



(以上の文面は小林鷹之のメールマガジンにおいても掲載されております)

2011年07月17日

『苦しい、疲れた、もうやめた…( スタッフ) 』

小林鷹之ブログを御覧の皆様、こんばんは。
事務所スタッフのSです。
梅雨も明け、首都圏でも各地で猛暑日を記録しています。
日中などは本当に強烈な陽射しですね。再三ではございますが、熱中症等には十分ご留意ください。
先日、深夜の首都高速で『エールフランス』というフランスの民間航空機が、羽田の国際線ターミナルから飛び立って行くのが見えました。
羽田空港の24時間国際線化に伴うものですが、一昔前では国内・国際線に関係無く、夜中に航空機が離陸することなど考えられなかったことを思えば、世界のグローバル化社会の中枢を担う「先進国日本」として、大きな歩みであると感じました。(もちろん騒音問題等、諸々の問題はありますが。)
ちなみに羽田空港国際線ターミナルの展望デッキ(http://www.haneda-airport.jp/inter/premises/service/others.html#deck)は、365日24時間開放されています。国内線の倍ほどある広さと、ランウェイライトや夜の臨海部が一望できる場所です。航空機が好きな方もそうでない方も、是非一度行かれみては如何でしょうか?
さて、そんな私の大好きな羽田空港には、国内外の民間航空会社だけでなく、東京消防庁や海上保安庁の水難救助専門の特殊部隊が存在します。
東消は『水難救助隊』、海保では通称『特殊救難隊』と呼ばれています。
この海保の『特殊救難隊』(正式名:第三管区海上保安本部羽田特殊救難基地)とは、海保に所属する数多の潜水士の中の頂点とも言える、1~6隊からなる36人の超精鋭部隊のことです。
映画『海猿』などのモチーフとなったことでも話題になりましたね。
その特殊救難隊が設置されている、第三管区海上保安本部羽田特殊救難基地には、こんな言葉が言い伝えられています。
『苦しい、疲れた、もうやめた。では人の命は救えない」
初代特殊救難隊長の言葉(※諸説あります)とされており、特殊救難隊の中では戒めとされている言葉だそうです。
なんと重く厳しい言葉でしょうか。
人命救助という尊い使命を課された若い隊員はこの言葉と出会った時、いったい何を思い、どんなを覚悟をするのでしょう。
華やかで凛々しくもあるイメージとは裏腹に、過酷を極める現実を如実に表現している言葉だと思います。
前述の映画の作中では、
『最前線に楽しいことなんか1つも無いぞ』
と言う言葉が出てきました。
こちらはフィクションですが、並の感覚であれば絶望を禁じ得ないほどの言葉だと思います。
『自分は頑張った』とか『自分は良くやった』と、時に自分を褒めたくなる時があったりしますが、この言葉を思い出す度、ある種のおこがましさや恥ずかしさを感じてしまいます。
人命救助の最前線の過酷さをとくと思い知らされます。
私の中学の同級生には父親が海上保安庁に勤務している友人が5人います。
性格は多様ですが、全員口を揃えて父親の仕事には誇りを持っていると答えます。
うち一人は父親と同じ道を進みました。果たして彼は海猿へと進化を遂げるのでしょうか。
厳寒極める雪の日も、容赦無く日光の降り注ぐ猛暑の日も、自らに厳しい試練を課し、人命救助という何事にも代え難い任務を全うする隊員の方々に、改めて心からの敬意を表したいと思います。

2011年07月6日

あなたは信じられますか。(スタッフ)

みなさん、こんにちは。

小林鷹之事務所のスタッフAです。

暑い日が続きますが、みなさま熱中症対策は大丈夫でしょうか。

こまめに水分補給をして、「節電の夏」、みんなでどうにか乗り切りましょう。


それにしても菅内閣の迷走振りはいよいよ深刻なものとなって。

まずは復興のリーダーとなるべき復興担当大臣の就任9日目でのスピード辞任。

出身や血液型を理由に挙げて釈明をなさっていたけれども

やはり、あの方、問題の本質を分かっていなかったと思います。

「復興」は押し付けでは成就しない。

あの、「やってやっている」感は被災者のみならず

国民全体に違和感を与えたはずです。

被災地に今必要とされていることは何か、真摯に謙虚に耳を傾ける姿勢が

あればあのような言動にはなっていなかったのだと思います。

繰り返された「被災者への寄り添い」の言葉が空虚に聞こえたのは私だけではないでしょう。


怖いのは、この政治の迷走に対する「違和感」が、

政治に対する「不信感」として日ごとに膨らんでいること。


いみじくも本日、原発の安全性確認のために新たに打ち出されたストレステスト。

安全性をより確実なものとするためにテストを実施すること自体は歓迎すべきことですが、原発の再稼働を巡って二転三転する国の対応に翻弄された形となった佐賀県知事は、「誰を信じていいか分からない」とNHKの番組で繰り返し述べておられました。


節電、復興財源のための増税等、これから国民の負担は増え続けていくでしょう。

その中でも、「国民として、頑張ろう、協力しよう」そう思えるのは

「私たちの政府はきちんとやってくれている」という信用・信頼が根幹にあるはずです。

混迷する菅政権。

あなたは信じられますか。


<p><iframe src="//www.youtube.com/embed/EmJ22BNtjNU" width="302" height="180" frameborder="0" allowfullscreen="allowfullscreen"></iframe></p>

最新号を見る(PDF形式)最新号を見る(PDF形式)
一覧ページ一覧ページへ
講演会入会お申し込み後援会入会お申し込み
献金のお願い献金のお願い

<p><iframe src="//www.youtube.com/embed/EmJ22BNtjNU" width="302" height="180" frameborder="0" allowfullscreen="allowfullscreen"></iframe></p>




たかゆきチャンネル
鷹之ブログ
ツイッター フェイスブック
自民党LibDems
pagetop
pagetop