ブログ

blog

HOME > 2014 > 3月

ブログ  blog

2014年03月21日

恩義

元習志野市議会議長の高橋司先生のお通夜、告別式に参列。

父親のような存在でした。
先生と初めてお会いした時に「あんた、ほんと気持ちいい人間だな。わかった。徹底的に応援する」と仰って頂きました。

それ以来、筆舌に尽くしがたいご支援を頂きました。

衆議院選挙の少し前に開催されたご自身の叙勲祝賀会の時の出来事。

先生が約500人の参加者にお礼の挨拶を始めて三分くらい経過した時、

「私のお祝いもいいけれど、小林鷹之を男にしてやって下さい!」

といきなり。

壇上に上げて頂き、約10分間、私へのエールと小林応援のお願いのために熱弁をふるって下さり、万歳三唱。

高橋司先生叙勲祝賀会が小林鷹之決起集会のようになってしまって恐縮する私に「発起人のみんなには止められてたけど、やってやった」とペロリと下を出して笑っておられました。
 

今日は、最後に棺の中に、花に加えて私のFAXマガジンの記事も入れられていました。

いつもの笑みが消えた静かな顔を拝見し、不覚にも涙を抑えることができませんでしたが、もっと強くなって先生の気持ちに必ず応えたいと思います。

icon_blog

2014年03月11日

あれから3年。

東日本大震災から3年。

本日は国立劇場で催行された追悼式に参列しました。

天皇陛下のお言葉やご遺族代表の方々の思い。

簡単に言葉にできない感情が湧いてきました。

 

昨日は石巻市大川小学校に足を運びました。

74名の小学生の尊い命が犠牲になった学校です。

最近では、一部のご遺族の方々が市と県を相手に提訴に踏み切ったことも報じられています。

 

今回は、私が国会議員になる前にご縁のあったご遺族の方々とお会いしてきました。

被災者の中にも、命は助かったが家を失われた方、家は流されなかったがご家族を失われた方、そしてそうしたご遺族の方々の中でもご遺体がいまだ見つかっていない方と見つかった方、見つかった方の中でもすぐに見つかった方と時間が経ってご遺体の一部だけ見つかった方、様々な立場の方々がいらっしゃって、震災に対する考え方や感じ方も人それぞれ、今回メディアが報じている提訴についての考え方も人それぞれ、前に進んでいる方もいれば、前に進みたいけど進めない方もいらっしゃる、そんな現状を改めて認識いたしました。

また、今回お会いしたご遺族の方々に、同じ親である自分の状況を重ね合わせようとすると、えも言えぬ、胸が詰まる思いがしました。

 

国政の場にいると、とかく復興を進めるためのマクロの議論に意識がいきがちですが、そもそも3年前から時計が止まり、日々生きることに精いっぱいで、地域の復興といった将来に向けた課題を考えるほどの心のゆとりがない方々もいらっしゃる。

そうした方々にとっては、3年という時間の経過は節目でも何でもない。

 

国会議員として何をすべきなのか、そして、そもそも何ができるのか。

重い課題を改めて突き付けられた思いです。

被災地に常に思いを寄せて、たとえ小さなことであったとしても形にしていくための地道な活動を続けていくつもりです。

 1959874_10151964007564117_1440331442_n

2014年03月5日

ウクライナ情勢について

こんにちは。

小林鷹之です。

 

クリミア半島を中心に、ウクライナにおいて緊迫した情勢が続いています。

我が国はいかに対応すべきでしょうか。

 

結論から言えば、私は、欧米と歩調をしっかりと合わせていくことが肝要だと考えます。

今回の事態の背景には、旧ソ連時代から続くウクライナ国内の複雑な事情があるので、同国内の親露派と反露派、それぞれに言い分があるように思います。

しかしながら、ロシアによる今回の行動は明らかに国際法違反であり、断じて認めるわけにはいきません。

安倍政権誕生以来、ロシアとの関係を戦略的かつ前向きに構築してきたことを考えれば、ロシアの行為を公然と非難すること、欧米が踏み切るかもしれない制裁に同調することに躊躇する声が出てくることも分からないわけではありません。

しかし、法の支配に対して力で対抗する行為を我が国が黙認するとすれば、まさに同様の方法で我が国の主権や領域を脅かす中国に対して間違ったメッセージを送ることにもなりかねません。

また、ロシアとの間の懸案事項である北方領土問題については、しっかりと進めていきたいところですが、本件で恩を売ったところで、それに応えてくれるほどお人好しの国家ではありません。むしろ、価値観を共有する国々、特に、(影響力は低下傾向にあるとはいえ、)米国としっかり歩調を合わせている姿勢を示すことこそが我が国の交渉力を保つ上で重要なことだと考えます。

icon_blog

<p><iframe src="//www.youtube.com/embed/EmJ22BNtjNU" width="302" height="180" frameborder="0" allowfullscreen="allowfullscreen"></iframe></p>

最新号を見る(PDF形式)最新号を見る(PDF形式)
一覧ページ一覧ページへ
講演会入会お申し込み後援会入会お申し込み
献金のお願い献金のお願い

<p><iframe src="//www.youtube.com/embed/EmJ22BNtjNU" width="302" height="180" frameborder="0" allowfullscreen="allowfullscreen"></iframe></p>




たかゆきチャンネル
鷹之ブログ
ツイッター フェイスブック
自民党LibDems
pagetop
pagetop