バックナンバー

back_number

HOME > バックナンバー > メールマガジンvol.23

バックナンバー  back_number

2014年09月2日

メールマガジンvol.23

《 小林鷹之メールマガジン vol.23》

◆─お知らせ─◆

・Facebookページ開設のお知らせ

より多くの方々とコミュニケーションをさせて頂くことを

目的として、これまでの小林鷹之個人のFacebookではなく、

今後は、公式Facebookページで、

日々の国政/地元活動をタイムリーに報告させて頂くことと

しました。「いいね!」を押して頂くくだけで、小林鷹之の

投稿が皆様のタイムラインに表示されます。

多くの皆様からの御意見および「いいね!」をお待ちしております。

公式Facebookページ: www.facebook.com/hawk.kobayashi

===================================
===================================

小林鷹之です。

耳に届く虫の音も蝉から鈴虫へと替わる季節となりました。

この夏、西日本を中心に、特に広島の大規模な土砂災害にて

お亡くなりになられた方々に対し心からお悔やみ申し上げ

ます。また、避難所での生活を余儀なくされている方々を

含め、被害を受けた方々に対しお見舞い申し上げます。

私の方は、この夏、地元における国政報告活動を精力的に

続けております。また、新たな地区後援会も複数立ち上げて

頂き、今後の活動の励みにもなりました。本当にありがたく

感じています。こうした場を通じ、様々なご意見を頂ける

よう努めております。

その概要は、下記に添付させて頂く『小林鷹之からの手紙』

をご覧頂けますと幸いです。

最後に、明日は内閣改造。

新人議員の私には直接は関係のない話ですが、今の日本

が置かれている厳しい状況を踏まえれば、よく報道等で

耳にする「当選回数」、「派閥均衡」といった、国民に

関係のない視点ではなく、国の未来を切り拓く視点から

最高の布陣として頂きたいと願っております。

季節の変わり目ですので、どうぞお身体ご自愛ください。

■─第186通常国会開会を終えて─■

衆議院議員の小林鷹之です。先般閉会した通常国会の

活動報告です。国会閉会後も、地元と国会を往復しながら、

ミニ集会や街頭での国政報告を通じ、地元の皆様から貴重

なご意見を頂く毎日です。応援して下さる声は常に励みに

なりますが、加えて、中小零細企業の経営者、商店街の

店主の方々からの「アベノミクスは一体どこへ行ったの

か?」、年金収入で生活されるご年配の方々からの

「収入が減っているのに、何故消費税を上げるのか?」、

また女性の方々からの「あのヤジは何なのか?」、

こうしたご意見やご質問を頂くこと、そして、私自身の

考え方を真摯にお伝えさせて頂くことこそが、より深みの

ある政治活動を可能にしてくれています。

昨秋の臨時国会にて、私自身にとって初の議員立法と

なった「首都直下地震対策特別措置法」の成立に続き、

2本目の議員立法となる「国外犯罪被害者弔慰金支給

法案」を国会に提出し、次期臨時国会での成立を目指

しております。昨年1月発生したアルジェリアで武装集団

による人質拘束事件において、10名の日本人の尊い

命が奪われました。現行制度の下では、例えば国内の

通り魔殺人事件の被害者には政府の支援がありますが、

海外で無辜の命を奪われた方には何らの手当てもあり

ません。社会の連帯共助の観点から、本法案を成立さ

せるために、与党対策チームの事務局長として、党内

の議論のとりまとめ、幹部への説明、また公明党との

調整などに奔走しました。特に、党内の最高意思決定

機関とされる総務会で、高村副総裁、石破幹事長、

等党幹部への法案説明では先輩議員からの多数の

質問を受けた後、全会一致で了承されました。

この光景を見ていた先輩議員からは「昔は一年生

議員が総務会で説明することは考えられなかった。

自民党も変わった。」とエールを頂き、メディアにも

取り上げて頂きました。

所属する財務金融委員会では、平成二十六年度税制

改正として、所得や消費を拡大するための税制や

民間投資・中小企業による投資を活性化するための税制

などを盛り込んだ「景気回復」を後押しするための税法

の改正に尽力しました。

また、黒田日銀総裁等に質疑。

1.経済全体の活性化を金融政策だけでなく

医療、農業、労働市場の改革を含め、成長力を高める

構造改革を着実に実施すること、

2.金利が一%上昇すると十兆円規模で利払いが増えるため、

量的金融緩和の「出口戦略」を打ち出す前に、信頼に足る財

政健全化策を示すこと、

3.高齢化に伴い個人金融資産が減少すれば国債の国内消化

が難しくなるため、海外の中央銀行や年金基金など長期運用

を見込める海外投資家への広報活動や、他の先進国が先駆け

て検討しているイスラム国債発行による資金調達なども積極

的に検討すること(私の質疑後、英国はイスラム債を発行)

などを提言しました。

外務委員会では岸田外務大臣に質疑。各国との租税条約に

ついては、国境を越えた電子商取引が普及するスピードに

国内法制度が追いついていないため、課税を逃れている

海外企業に比べて国内企業が不利な立場に置かれている現状

とその早急な是正の必要性を指摘しました。

また、最近、中国が様々な分野において既存の国際秩序

に挑まんとする中で、自民党外交副部会長としての立場

から、今回の質疑では、日米が主導する地域の発展・

開発を目的とした国際金融機関「アジア開発銀行(ADB)

」が既にあるにもかかわらず、中国主導で設立を目論む

「アジアインフラ開発銀行(AIIB)」を取り上げました。

中国の動きが活発化する中、AIIBが無秩序な融資に走り、

結果としてアジア諸国の発展を阻害するリスクにも触れ、

ADBの最大出資国・総裁輩出国でもある我が国として責任

ある対応をとることを求め、具体的な施策を提言しました。

(その後日本側はAIIB出資要請には応じないことを決定)

この他、景気回復、復興支援、中小企業対策、社会保障

、教育、子育て、外交、安全保障等、各方面の政策の企画・

立案に広く携わっておりますので、詳しくはHP(http://kobayashi-takayuki.jp/) をご覧頂きたく存じます。

今後とも、ご指導の程何卒よろしくお願い申し上げます。

暑さ厳しき折、どうぞご自愛ください。

===================================

===================================

小林鷹之事務所では、国会見学の受付もしております。

見学を希望する方は、団体名、代表者名、参加人数(男女別、

大人子供別)、参加希望日時、ご連絡先を小林鷹之国会事務所

までお知らせ下さい。

<小林鷹之 国会事務所>

住所:東京都千代田区永田町2-2-1

    

衆議院第一議員会館417号室

電話:03-3508-7617

FAX:03-3508-3997

===================================

===================================

《小林鷹之メールマガジン》は、小林鷹之の公式ホーム

ページにて配信のお申込みを頂いた方、名刺を交換して頂

いた方、講演会等のイベントにご参加頂いた方などに無

料でお送りしています。小林鷹之活動について知りたい、

あるいはご意見、お問い合わせのある方は、下記の小林

鷹之公式ホームページをご覧下さい。なお、配信継続を

ご希望されない場合はお手数ですが、小林鷹之公式ホーム

ページーより登録解除の手続をお願い致します。当メル

マガにつきましては、ご自由に転送いただいても構いま

せん。なお、当メルマガの新規登録については、

下記リンクからお願いいたします。

http://kobayashi-takayuki.jp/mailmagazine/

【配信停止の手続きに関して】

■ 配信停止の手続き完了後に配信停止をお知らせする確認

のメールをお送りします。

■ 上記の確認メールが届かない場合、入力されたメール

アドレスが間違っており配信停止されない可能性がござい

ますので、誠にお手数ですが再度配信解除処理を行っ

てください。

■配信停止後、1~2回メルマガが送信されることがございます。

何卒ご了承ください。

《小林鷹之メールマガジン登録・解除》

http://kobayashi-takayuki.jp/mailmagazine/

===================================

===================================

《小林鷹之公式ホームページ》

http://www.kobayashi-takayuki.jp/

《小林鷹之公式ブログ》

http://kobayashi-takayuki.jp/blog/

《小林鷹之公式twitter》

http://twitter.com/#!/kobahawk

===================================

===================================

発行元 小林鷹之事務所

「絆を力に」

自由民主党千葉県第二選挙区支部 支部長

(区域:八千代市、習志野市、千葉市 花見川区)

<小林鷹之事務所>

住所:八千代市ゆりのき台3丁目3-5

   

アットホームセンタービル202号

電話:047-409-5842

FAX:047-409-5843

Email:info@kobayashi-takayuki.jp

===================================

===================================

<p><!– レスポンシブに対応していない為、非表示にしています。2017年10月23日佐野
<p><iframe src="//www.youtube.com/embed/EmJ22BNtjNU" width="302" height="180" frameborder="0" allowfullscreen="allowfullscreen"></iframe>
–></p>

最新号を見る(PDF形式)最新号を見る(PDF形式)
一覧ページ一覧ページへ
講演会入会お申し込み後援会入会お申し込み
献金のお願い献金のお願い

<p><!– レスポンシブに対応していない為、非表示にしています。2017年10月23日佐野
<p><iframe src="//www.youtube.com/embed/EmJ22BNtjNU" width="302" height="180" frameborder="0" allowfullscreen="allowfullscreen"></iframe>
–></p>




たかゆきチャンネル
鷹之ブログ
ツイッター フェイスブック
自民党LibDems
pagetop
pagetop