バックナンバー

back_number

HOME > バックナンバー > メールマガジンvol.30

バックナンバー  back_number

2015年07月7日

メールマガジンvol.30

《 小林鷹之メールマガジン vol.30》

◆─お知らせ─◆

・小林鷹之後援会「飛鷹会」朝食勉強会のご案内

朝食勉強会を下記要領で開催いたします。参加ご希望の方は、
下記問合せ先までご連絡ください。

日時:平成27年9月10日(木)
       午前8時 講演開始(7時30分開場 9時終了予定)

場所:ホテルニューオータニ ザ・メイン 麗の間
     東京都千代田区紀尾井町4-1 TEL:03-3265-1111

講師:茂木 友三郎氏
        キッコーマン株式会社 取締役名誉会長 取締役会議長 
        公益財団法人 日本生産性本部会長

演題:「若き経営者へ ~キッコーマンのグローバル経営から~」

会費:10,000円


お問合せ先:飛鷹会事務局 
TEL:03-3508-7617    e-mail: hiyoukai@kobayashi-takayuki.jp

詳細はhttp://bit.ly/1JR4zTJをご覧ください。
===============================
===============================

■─『議員立法 ~国外犯罪被害者への対応について~』─■

こんにちは。
小林鷹之です。

7月に入ってもぐずつく天気が続きますが、みなさまはいかが
お過ごしでしょうか。
私は、今朝、地元の勝田台駅で活動をした後、上京しました。
私の場合、駅頭で国政報告のチラシをお配りする対象は通勤
される方など、大人の方に限るようにしています。しかし、
今朝の活動中、投票年齢が18歳に下がったことをふと思い出し、
目の前を通る制服姿の高校生に目をやりました。もちろん、
誰が18歳なのかはわかりませんでしたが・・。

さて、国会は平和安全法制を含め、まだ多くの法案審議が残って
おります。この時期になると、内閣が提出する「閣法」に続き、
議員立法の審議が活発になってきますが、私自身も今国会で、
どうしても通したい法案を一つ抱えております。

『国外犯罪被害弔慰金等の支給に関する法律案』です。

本議員立法については、「小林鷹之からの手紙 第25号」に
詳細を記載していますので、ご紹介します。


小林鷹之からの手紙 第25号

『議員立法 ~国外犯罪被害者への対応~』

6月26日に、フランス、チュニジア、ソマリア、クウェートの
4か国でテロが発生し、多数の死傷者が出ました。最近、海外に
おいて、こうしたテロを含む犯罪が多発しています。邦人が巻き
込まれるケースも少なくありません(近年の国外犯罪被害による
死亡者数は、年間で20人前後)。例えば、一昨年1月にアルジェリ
アで起きた人質拘束・殺害事件では、現地でプラント建設に携わって
いた日本人10名を含む多くの人命が失われました。また、今年3月
にもチュニジアで日本人観光客がテロに巻き込まれ、3名の方がお亡
くなりになりました。

通常、国内において、通り魔事件等の故意の犯罪に巻き込まれた
被害者の方々(不慮の死を遂げた方のご遺族、重傷病を負い又は
障害が残った方)に対しては、その精神的・経済的打撃の緩和を
図るため、社会の連帯共助の観点から国が給付金を支払うことと
なっています。勿論、自らに責任が無いなど、一定の条件を満たす
必要はあります。一方で、たまたま海外で故意の犯罪に巻き込まれ
た方に対する制度は全く整備されておりません。

先述のアルジェリアでお亡くなりになった方々は、一義的には、
勤務先企業のために現地に赴任していたわけでありますが、広い
意味で我が国の国益にも貢献をされていた方々でもあります。
こうした無辜の命が海外で奪われた場合にも、国家として何らか
の手当てをすべきではないか、との思いの下、現在新たな制度を
創設するために議員立法に取り掛かっております。

海外での犯罪は、国内とは異なり、我が国の警察の権限が及ばない
ため、証拠収集を含め、犯罪の事実調査には一定の限界があります。
従って、明確な犯罪被害である場合に限定する観点から、故意の
犯罪による死亡、または重度障害(障害等級1級)が残った場合に
限り、一定の条件を満たせば、国が弔慰金・見舞金として200万円
(重度障害の場合は100万円)を支払う方向で検討を進めています。

現在、国会は様々な法案審議で与野党の対立がクローズアップされ
ています。時として、政局を優先する動きが見られることも事実です。
だからこそ、与野党がこうした政局に流されることなく、国家として
なすべきことを共に考え、議論することがなお一層求められている
とも思います。

今回ご紹介した法案は与野党の対立法案となるべき性質のものでは
ありません。自民党の担当事務局長として、公明党、民主党、維新
の党などの議員の方々と協議し、法案を前に進めるために汗をかいて
きた自負があります。この通常国会で必ず成立させる、その思いを
与野党で幅広く共有し、形にしていけるよう引き続き頑張って
まいります。

平成27年7月吉日
衆議院議員 小林鷹之


また下記のリンクからもご覧頂けます。
http://bit.ly/1CmaRLk

===============================

今日は七夕ですね。
先日、娘が書いた2つの短冊を見たら、
「ピンクのティンカーベルになりたい」
「〇〇ちゃん(保育園を病気でお休み中のお友達)がはやくげんきになりますように」
とありました。
いろんな願い事が叶うといいですね。


===============================
===============================

小林鷹之事務所では、国会見学の受付もしております。
見学を希望する方は、団体名、代表者名、参加人数(男女別、
大人子供別) 、参加希望日時、ご連絡先を小林鷹之国会事務所まで
お知らせ下さい。

<小林鷹之 国会事務所>
東京都千代田区永田町2-2-1
    衆議院第一議員会館417号室
TEL:03-3508-7617
FAX:03-3508-3997

===============================
===============================

《小林鷹之メールマガジン》は、小林鷹之の公式ホームページにて配信の
お申込みを頂いた方、名刺を交換して頂いた方、講演会等のイベントに
ご参加頂いた方などに無料でお送りしています。
小林鷹之活動について知りたい、あるいはご意見、お問い合わせの
ある方は、下記の小林鷹之公式ホームページをご覧下さい。
なお、配信継続をご希望されない場合はお手数ですが、小林鷹之公式
ホームページーより登録解除の手続をお願い致します。当メルマガに
つきましては、ご自由に転送いただいても構いません。なお、当メルマガの
新規登録については、下記リンクからお願いいたします。

http://kobayashi-takayuki.jp/mailmagazine/


【配信停止の手続きに関して】

■ 配信停止の手続き完了後に配信停止をお知らせする確認のメールを
お送りします。

■ 上記の確認メールが届かない場合、入力されたメールアドレスが
間違っており配信停止されない可能性がございますので、誠にお手数
ですが再度配信解除処理を行ってください。

■配信停止後、1~2回メルマガが送信されることがございます。何卒
ご了承ください。

《小林鷹之メールマガジン登録・解除》
http://kobayashi-takayuki.jp/mailmagazine/

===============================
===============================
《小林鷹之公式Facebookページ》
https://www.facebook.com/hawk.kobayashi

《小林鷹之公式ホームページ》
http://www.kobayashi-takayuki.jp/

《小林鷹之公式ブログ》
http://kobayashi-takayuki.jp/blog/

《小林鷹之公式twitter》
 http://twitter.com/#!/kobahawk

===============================
===============================


発行元  小林鷹之事務所

<国会事務所>
東京都千代田区永田町2-2-1
衆議院第一議員会館417号室
TEL:03-3508-7617
FAX:03-3508-3997
Email:info@kobayashi-takayuki.jp

<八千代事務所>
八千代市ゆりのき台3丁目3-5
   アットホームセンタービル202号
TEL:047-409-5842
FAX:047-409-5843
Email:info@kobayashi-takayuki.jp

===============================
===============================

<p><!– レスポンシブに対応していない為、非表示にしています。2017年10月23日佐野
<p><iframe src="//www.youtube.com/embed/EmJ22BNtjNU" width="302" height="180" frameborder="0" allowfullscreen="allowfullscreen"></iframe>
–></p>

最新号を見る(PDF形式)最新号を見る(PDF形式)
一覧ページ一覧ページへ
講演会入会お申し込み後援会入会お申し込み
献金のお願い献金のお願い

<p><!– レスポンシブに対応していない為、非表示にしています。2017年10月23日佐野
<p><iframe src="//www.youtube.com/embed/EmJ22BNtjNU" width="302" height="180" frameborder="0" allowfullscreen="allowfullscreen"></iframe>
–></p>




たかゆきチャンネル
鷹之ブログ
ツイッター フェイスブック
自民党LibDems
pagetop
pagetop