ブログ

blog

HOME > ブログ > 消費増税の再延期について

ブログ  blog

2016年03月18日

消費増税の再延期について

来年4月に予定される消費増税の再延期についての議論や報道が、衆参同日選挙の憶測とともに相次いでいます。

衆議院の解散・総選挙の時期については内閣総理大臣が決めることですので私がコメントする立場にはありません。

消費増税についての私の考え方を以下に述べます。

 

先に結論を申し上げれば、

・現時点では消費増税は予定通り実施すべき。

・ただし、今後、我が国の景気が「相当程度悪化した場合」は無理に増税に踏み切るべきではない。

・その場合(再延期する場合)には、次の事項とセットで行う必要がある。

―いかなる経済状況になれば増税するのかを明示することを含め、信頼に足る財政健全化に向けたプランを同時に公表すること。

―財源に穴が開く社会保障への具体的対応(社会保障の歳出カットなのか、国債増発なのかなど)を示すこと。仮に歳出カットで対応する場合、修正された具体的な政策パッケージを示すこと。

―マーケットと適切なコミュニケーションを図ること(金利上昇等のリスクを低減する努力)。

 

以上が、現時点での私の考え方です。

確かに、地元内外の多くの皆様からは、消費増税について否定的な声が大勢です。こうしたお声には真摯に耳を傾ける必要があります。

一方で、仮に景気が良い状況であったとしても、消費増税に対しては強い反対の声が上がるでしょう。

 

多くの国民の皆様が、消費増税に否定的だから、我々国会議員も反対するという態度をとるとすれば、いつになっても財政健全化は進みません。したがって、中国経済を含め世界経済の動向については引き続き注視しつつも、日本経済が増税に耐え得る状況にあるのか否かで冷静に判断すべきです。

確かに、個人消費が盛り上がってきていない面はあります。しかし、経済全体のファンダメンタルズは悪くはありません。こうした地合いにおいても2度目の増税延期を行えば、仮に「〇年後に『必ず』消費税率を引き上げます」とのメッセージを発したとしても、額面通り受け取る方は多くないでしょうし、実際、その時期に近づけば政治的に反対の声が必ず上がると思います。

 

消費増税は、子育て支援を含めた社会保障の財源確保のために行うものです。 

今、我が国の持続的な経済成長のために最も力を入れて取り組むべき課題は人口減少に歯止めをかけ、いずれかの時点で人口増加へと転じる道筋をつけることです。このことを通じて、供給サイドから潜在成長率を高め(勿論、技術革新も重要)、需要サイドからも消費等を押し上げていくことが求められています。時間はかかるでしょうが、一歩一歩着実に進めていくことが大切です。

 

そうした観点からは、子供を産み、育てやすい環境づくりに更なる注力を行うべきであり、その財源となる消費増税の再延期は若い世代に対しても誤ったメッセージを発信することにつながりかねません。

勿論、目下の需要が不足していることは否めませんので、短期的な財政出動(=経済対策)は一つの選択肢となると思います。

 

しかし、繰り返しになりますが、大きな方向性としては、我が国の経済状況が相当程度悪化しない限り、消費増税は予定通り実施し、子育て支援を含めた社会保障の財源を確保することによって、人口減少に歯止めをかけ、人口増へと転換できる日を一年でも早く迎えられるよう努力することが政治に求められていると考えます。

 

ご異論を含め、様々なご見解を賜りますようお願い申し上げます。

icon_blog

<p><iframe src="//www.youtube.com/embed/EmJ22BNtjNU" width="302" height="180" frameborder="0" allowfullscreen="allowfullscreen"></iframe></p>

最新号を見る(PDF形式)最新号を見る(PDF形式)
一覧ページ一覧ページへ
講演会入会お申し込み後援会入会お申し込み
献金のお願い献金のお願い

<p><iframe src="//www.youtube.com/embed/EmJ22BNtjNU" width="302" height="180" frameborder="0" allowfullscreen="allowfullscreen"></iframe></p>




たかゆきチャンネル
鷹之ブログ
ツイッター フェイスブック
自民党LibDems
pagetop
pagetop