2020年

HOME > 2020

2020年

2020年09月28日

小林鷹之からの手紙50号を発刊しました

小林鷹之からの手紙50号「新政権発足」を発刊しました。

こちらからご覧下さい。https://bit.ly/3cHEawo

2020年09月24日

「小林鷹之君と明日の日本を語る会(東京)」を開催しました

都内で「小林鷹之君と明日の日本を語る会」を開催しました。多くの皆様にご出席頂きありがとうございました。宇宙ベンチャー ispace社のFOUNDER & CEO 袴田武史 様の夢と希望溢れるご講演は大変好評でした。

2020年09月14日

小林鷹之からの手紙49号を発刊しました

小林鷹之からの手紙49号を発刊しました。

こちらからご覧下さい。https://bit.ly/3i7omE4

2020年09月4日

新型コロナウイルス対策に関する提言

自由民主党新型コロナウイルス関連肺炎対策本部(田村憲久本部長)が、小林鷹之が事務局長を務める「感染症対策ガバナンス小委員会(武見敬三小委員長)」および「再流行コンティンジェンシープランPT(上川陽子座長)」の各提言を踏まえて提言をとりまとめました。提言はこちらからご覧下さい。

2020年09月4日

感染症ガバナンス小委員会提言

事務局長を務める自由民主党新型コロナウイルス関連肺炎対策本部 感染症ガバナンス小委員会(武見敬三小委員長)で提言をとりまとめました。提言はこちらからご覧下さい。

2020年08月22日

オンライン意見交換会開催(小林鷹之と花見川区を明るくする若手経営者の会)

小林鷹之と花見川区を明るくする若手経営者の会とオンライン意見交換会を行いました。

2020年08月16日

オンライン意見交換会開催(元気な習志野をつくる会)

習志野市議会の「元気な習志野をつくる会」所属市議会議員の皆様とオンライン意見交換会を行いました。

2020年08月10日

オンライン意見交換会開催(八千代後援会緑が丘支部)

八千代後援会緑が丘支部の皆様とオンライン意見交換会を開催致しました。

2020年07月10日

小林鷹之からの手紙48号を発刊しました

小林鷹之からの手紙「新たな日常へ」を発刊しました。
こちらからご覧下さい。 https://bit.ly/2ATyPn6

2020年06月26日

自民党行政改革推進本部「大規模感染症流行時の国家ガバナンス見直し」WG 記者会見

自民党行政改革推進本部(塩崎恭久本部長)の下、「大規模感染症流行時の国家ガバナンス見直し」WG(柴山昌彦 座長、武見敬三 顧問、小林鷹之 事務局長)で提言をとりまとめ、記者会見を行いました。提言はこちらから。

2020年06月26日

宇宙法制・条約WT「第1回 宇宙状況把握(SSA/SDA)に関する民間ヒアリング」

座長を務める「宇宙法制・条約WT」において、宇宙状況把握(SSA/SDA)に関する民間ヒアリングを開催しました。講師は、岡田光信 アストロスケールホールディングスCEO、小山浩 三菱電機株式会社電子システム事業本部主席技監。

2020年06月24日

「サプライチェーンリスクに関するWT」提言を菅官房長官に申入れ

事務局長を務める自民党情報通信戦略調査会 サプライチェーンリスクに関するWTの提言を菅義偉官房長官に申入れしました。

提言はこちらをご覧下さい 

2020年06月8日

ライフサイエンスインダストリー(LSI)勉強会提言をとりまとめました。

LSI勉強会で「ゲノム情報の利活用推進体制について」の提言をとりまとめました。勉強会の主たる役員は、山際大志郎 座長 、 甘利明 顧問、田村憲久 顧問、 小林鷹之 事務局長です。

2020年05月29日

小林鷹之ファックスマガジンVol.79

小林鷹之ファックスマガジンVol.79を配信しました。「9月入学の移行案について」

2020年05月27日

小林鷹之からの手紙47号を発刊しました

小林鷹之からの手紙「コロナ後の経済と社会像」を発刊しました。こちらからご覧下さい。https://bit.ly/2OhWAZe

2020年05月22日

知的財産戦略調査会提言申入れ

知的財産戦略調査会(林芳正会長、山際大志郎幹事長、小林鷹之事務局長)の提言を菅義偉官房長官、竹本直一内閣府特命担当大臣に申入れしました。

提言はこちらをご覧下さい。

2020年02月14日

新型コロナウイルス対策本部

自民党本部にて新型コロナウイルス対策本部の会合。
政府が対応している最中でもあるので、1時間の制限もあり、終始挙手をするも発言の機会がないまま本日は終わりました。

   

既に自民党からの緊急提言案を受けて、政府も様々な対応をしていますが、本日、指摘するつもりであったことは下記の3点。

   

●既に医師が感染する事例が出てきている中、医師が感染すると閉院せざるを得ない。検疫官等はもとより、医師や看護師などの関係者が安心して診察できるよう、N95マスクを含めた防護服を優先的に支給すべき。そもそも東京都から中国に防護服を送っているが、日本に十分なストックがあるのか。

   

●DMAT(Disaster Medical Assistance Team)に出動要請があったと実際に医師から聞いた。しかし、DMATは災害救助訓練は受けていても感染症対策はしていない。この点は今後の課題として認識すべき。

   

●日本だけでなく、中国においてもフェーズが変わってきている中で、既に中国からの入国を全面的に禁止する国が増えてきている。そうすると、湖北省・浙江省を除き、いまだオープンな日本に中国から多くの人が加速的に入国してくることが予想される。日本国内での更なる感染の拡大を防ぐ観点からは、今からでも全面的な入国禁止を考えるべきである。

   

(政府の説明にあったとおり)総合的な判断により、それでも、今のままの措置を当面続けるのであれば、既に日本に入国している中国人の方々から、入管局に対し滞在期間の延長申請があったとしても、(上記2省以外は安全であると総合的に判断しているのであろうから)申請は認めずに帰国いただくというこれまでの対応をしっかりと継続してもらいたい。

2020年02月7日

デジタル人民元への対応について~通貨安全保障の視点から~

事務局を務める自民党のルール形成戦略議員連盟(甘利明会長)で同僚議員とともに、昨年からデジタル通貨についての議論を重ねてまいりました。下記の提言案を自ら作成し、同僚議員の了承の下、とりまとめました。来週、麻生財務・金融担当大臣や官邸に申し入れする予定です。

提言はこちら

2020年01月18日

小林鷹之からの手紙「自由民主」版を発刊しました

自民党機関紙「自由民主」で小林鷹之版を発刊しました。
こちらをご覧下さい。 https://bit.ly/2ZYjhXO

<p><!– レスポンシブに対応していない為、非表示にしています。2017年10月23日佐野
<p><iframe src="//www.youtube.com/embed/EmJ22BNtjNU" width="302" height="180" frameborder="0" allowfullscreen="allowfullscreen"></iframe>
–></p>

最新号を見る(PDF形式)最新号を見る(PDF形式)
一覧ページ一覧ページへ
講演会入会お申し込み後援会入会お申し込み
献金のお願い献金のお願い

<p><!– レスポンシブに対応していない為、非表示にしています。2017年10月23日佐野
<p><iframe src="//www.youtube.com/embed/EmJ22BNtjNU" width="302" height="180" frameborder="0" allowfullscreen="allowfullscreen"></iframe>
–></p>




たかゆきチャンネル
鷹之ブログ
ツイッター フェイスブック
自民党LibDems
pagetop
pagetop