あかね園訪問

こんばんは。

小林鷹之です。

今日は、午前中に習志野市の茜浜地区にある、社会福祉法人あひる会「あかね園」を訪問させて頂きました。

あかね園は、障害があっても地域で働き暮らすために、生活の訓練や作業の習を重ね、自立した生活ができるように支援する、障害者就業・支援センターです。

自立訓練事業(基礎)⇒就労移行支援事業(実践)⇒就労継続支援事業(継続)

と段階が分かれていて、最終的には地域の会社への就職を目的としています。

まさに共生社会のコンセプトです。

小林鷹之 オフィシャルブログ Powered by Ameba

柴田園長からは、財政面を含め、様々な課題を抱えながらの運営を強いられていることをうかがいました。

本人、ご家族、職員の努力と受け入れ先企業の協力によって多くの方が就職しても、同じくらいの数の方が離職してしまう現実。

園を出てしまうと、挨拶・返事や身だしなみなど、生活訓練が疎かになり、会社に適合できなってしまうケースも少なくないようです。

また、就職支援が目標ですが、就職して園を去る方が増えれば増えるほど、園の収益事業の担い手が減っていくという一見矛盾する現実もあります。

そうした中でも、利用者の方々が、着実に成長し、就職していく姿を見られることが職員の方々の励みになるとも伺いました。

こうした取り組みを政治の立場からも支援していかなければとの思いを強くしました。

小林鷹之 オフィシャルブログ Powered by Ameba (各自がてきぱきと作業。誰かが話をする時は、必ず手を止めて耳を傾けるルールが徹底されています。)

ブログ一覧へ