コップの中の騒ぎ

こんばんは。 こばやし鷹之です。

今日は行く先々で、「小沢さん出馬だね。政局が不透明になってきたねえ~」との言葉をかけられました。 私はまだ就任して間もない自民党の支部長です。 まずは自分にできることを精一杯やることが重要であって、他党の人事や選挙にああだこうだ言う気は毛頭ありません。

しかし、来月の民主党代表戦は総理を決める選挙でもあります。 一国民の立場から、どうしても理解できないことが二つあります。

一つは、鳩山前総理の辞任会見の際のコメントとの整合性です。 みなさん、思い返してみてください。 鳩山さんが、普天間問題などに行き詰って、ちゃぶ台をひっくり返すように突然政権を放り投げたのが僅か2ヶ月前です。 その時鳩山さんは、自分と小沢さんが身を引くことによって新しい民主党、よりクリーンな民主党を作りたい、と言いました。 それなのに、 あんな無責任な辞め方をした鳩山さんが、いまも伝書鳩のようにチョロチョロと走り回り、その結果、小沢さんが出馬を表明。 つまり、民主党はクリーンな政党に生まれ変わることを放棄した。 言い換えれば、民主党はダーティーな党に戻ることを選択した。 これが、私にはどうしても理解できません。 彼らが使う「国家のために」とか「国民のために」という言葉はもはや軽い枕詞でしかなく、聞いていてとても空虚です。

もう一つは、そんな小沢さんを担ぎ出そうとする国会議員が多数存在することです。 フレッシュなはずの一年生議員までが、徒党を組んで、小沢さんの出馬を促したそうですね。 小沢さんの好む、バラマキ経済政策や現実的視点を欠いた外交政策に共鳴したのでしょうか。 それとも、選挙で何かお世話になったからなのでしょうか。 糸の切れた凧のように、国家の運命がどこに飛んでいくかわからない状況において、小沢さんを担ぎ出そうとする方の感覚は逆立ちしても理解できません。 特に、小沢さんが世界各国からどのように見られているのか、私は自分の耳で直接聞いてきてますから、日本がますます孤立して、置いてきぼりにならないか、とても不安に思います。

では、菅さんがいいか、といえば、個人的にはそうは思いません。 小沢民主党は、理念なき独裁国家になるでしょうが、菅民主党も、理念なきブレまくり国家となるでしょう。 マスコミは、「菅 vs. 小沢」という構図を作っていますが、残念ながら、今の日本丸の船長にどちらがなったとしても、未来は切り拓けない。 悲しいのは、「我こそは」と名乗り出る人が今のところ現れていない点です。 競争相手ながら、民主党には人物・能力ともに立派な議員は他にいると思うのですが・・・ 加えて、民主党内はグループごとにどちらを支持するかが決まっており、先般、脱派閥的な力によって参議院議員会長が決まった自民党以上に自民党的であると言えると思います。

党内の権力闘争もいいですが、それだけに終始することが許される時ではない。

経済でも財政でも外交でも、いつ顕在化してもおかしくないリスクが数多く存在しているんです。

そのリスクが現実のものとなれば、私たち国民の生命・財産に大きな影響を及ぼすんです。

政権与党には、責任を持って国家運営をしていただきたいと強く願います。

鷹之ブログ

小池百合子衆議院議員と。

ブログ一覧へ