共感力(スタッフ)

こんばんは。

小林鷹之事務所のスタッフAです。

昨日、スタッフSも書いていましたが、今八千代は葉桜が綺麗です。 満開の桜も見事ですが、青々とした若葉に見る桜もなかなかのものです。 あと1週間もすれば、街路樹も眩しいくらいの新緑に覆われるでしょう。

そんな気持ちのよい季節なのに(私事ながら)先週は、風邪に見舞われてダウンしておりました。 布団の中で悪寒と吐き気に苦しみながら思ったこと。 それは、やはり「近くに病院があること。病院にいけば医師がいること。医師が薬を出してくれること。」この当たり前のことが、当たり前でいられることの有難さ。

「被災地で病院が流された。医師が足りない。薬が足りない。」 何度となくニュースで耳にした言葉ですが、自分が切実に病院を、医師を、薬を必要として初めて、その深刻さを思い知りました。 すぐに医師に診せれば治療できる病気や怪我が、医師の不足に重篤化するケースもあったでしょう。常備薬を必要とする患者にとって、それが欠けることは命に係わるケースもあったでしょう。 その場に置かれた人々は如何ほどの恐怖や不安に怯えていらしたか。

今まで「分かったつもり」になっていた自分の浅はかさを恥じました。

小林鷹之もよく口にすることですが

「共感力」 今、試されている気がします。 関東に住む私たちが、被災された東北の方々と同じ経験を共有することは出来ないけれど、その苦しみや悔しさを他人事ではなくて、自分の事として考えてみる。「自分だったら?」って。

同情ではなく、共感。

その作業を繰り返すことで、被災された方も含めて、日本人みんながチームとなって力強い方向へ歩み出せる。そんな気がします。

ブログ一覧へ