内閣不信任決議案について

こんばんは。

小林鷹之です。

今日は、内閣不信任決議案を巡り、目まぐるしい動きがありました。

経緯と結果は、みなさまご存知の通りです。

民主党内の茶番劇というのが一般的な見方。

その通りだとは思います。

しかし、もっと重要なのは、観客不在、国民不在の茶番劇であったこと。

今回の一連の流れによって、政治に対する国民の不信は更なる高まりを見せました。国際社会による日本への信頼も更に損なわれたでしょう。

何のための政治なのか。

政治を志している身として、理解できないことが多過ぎる。

いずれにしても、一つの区切りがつきました。

菅内閣を退陣に追い込むためというよりも、震災の復旧・復興に「一定のメド」をつけるためにも、二次補正予算について、その財源の捻出方法も含めて、早急に内容を固め、成立・執行に向けてトップスピードで走り続けることが国会議員に課された責務だと考えます。

それは与党であれ、野党であれ、同じこと。

その責務を果たすためにどれだけ汗をかくか。

その程度によって、国民による信頼が決まる。

信なくば立たず。

ブログ一覧へ