問題に向き合う姿勢

こんばんは。

小林鷹之です。

徐々に日が短くなってきますね。

朝目が覚めると、辺りは真っ暗。

もう一度布団にもぐり込みたくなる自分との戦いです(笑)。

さて、今日は地元にある、知的障害者(児)の通所更生施設を訪問させて頂きました。

「地域で、普通の、大人としての、生活を」

という標語の下、地域のボランティア活動にも参加され、陶芸、織物、木工、農園芸などの生産活動(仕事)もされています。

特に、生産活動については、原材料をはじめ、とにかく「本物」にこだわっているとのこと。

近所のショッピングセンターの一角を借りてセールをする際も、決して安売りはしません。

「障がい者の作品だから」買ってもらうのでは意味がない、「質が高いから」買ってもらうようにならないと、と理事長が仰っておりました。

何より驚いたのは、施設に鍵が無いこと。

通常、老人ホームであれ、障がい者施設であれ、部屋に鍵がついているのが普通ですよね。

理事長の言葉。

「普通の大人として接する以上、鍵をつけて管理するようなことはしたくないんです。勿論、トラブルもあります。勝手に外に出て行って、迷ってしまうこともある。でも、そんな時は、『何故、この人は外出してしまったのだろうか?何か原因があったんじゃないか?』スタッフ皆で考えるようにしています。」

本質を突いたコメントに思わずハッとさせられました。

対症療法ではなく、問題の本質を突き止め、向き合い、根本的に解決しようとする姿勢。

勉強をさせていただき、ありがとうございました。

ブログ一覧へ