国会議員の海外視察

こんにちは!
こばやし鷹之です。
最近運動不足で体のキレが良くなかったので、朝の涼しい時間帯に近くの田んぼや畑の中を走ってきました。
もう30代半ばなので、体調管理には気をつけないといけませんね(汗)
地元八千代は、自然溢れる街で、昆虫も多いです。
今朝もたくさん目にしました。
妻はあまり得意じゃないようなので(笑)、娘に麦わら帽子かぶせて網と虫かご持たせて、いつか父娘二人で遊びにいくのが、今の小さな夢です。

さて、ゴールデンウィークや年明けと並んで、この季節には多くの国会議員が海外視察に行くんですね。
今日は、この海外視察について私見を述べます。
結論を先に申し上げると、いろいろと批判はあるものの、海外視察という制度を廃止・縮小するべきではないと考えます。
しかし、視察に行く議員はもっと準備・勉強してから参加すべきです。
そうでなければ、参加すべきではありません。

国会会期中の議員の仕事は、とにかく政策を練って、国会の場で議論で勝負していくこと。
また、地元有権者の方々の声を聞かせていただくこと、一方で、フィードバックしていくこと、これらも重要な仕事ですね。
しかし、これからの国会議員は、それだけに留まることなく、世界と堂々と渡り合えなければならないと思います。
なぜなら、日本は一国だけで生きていけるほどの力はなく、だからこそ、国際社会に積極的に参加しなくてはなりませんが、そこは各国が各々の国益を追求してしのぎを削る厳しい場だからです。
そして、国際交渉においては、政治決断が求められる局面が往々にしてあります。
これからの日本を背負う政治家には、情報の収集/分析/発信力、交渉力、そして大局的なビジョンが求められます。
海外で経験を積んできた身からすると、国内で新聞やテレビを通じて得られる情報と海外の現場で得られる情報との間には、質・量ともに雲泥の差があります。
また、交渉は個々の人間関係で決まることもあります。
だから、現職国会議員が、積極的に海外に赴き、各国のカウンターパートや財界人などと交流を深めることはとても大切なことです。
個人的な強固な関係があるからこそ、国民の生命や財産が守られることだってあるんです。
したがって、海外視察の制度を「税金の無駄だ」というポピュリズム的な見地から廃止・縮小することは生産的ではありません。
むしろ、税金の無駄であるならば、事前・事後の報告義務の強化などを通じて、そうならないような仕組みを設けるべきなんです。
今春に退職するまでの3年間はワシントンで外交官として勤務しておりましたから、多くの国会議員が「視察」に訪れました。
日本の国益に資するように、多くの要人と面会して、相手を唸らせて帰っていく、そんな人がいるのも事実です。
しかし、私の経験に照らせばかなり少数派です。
何を「視察」しに来たのかわからない議員が多過ぎる。
ポケットマネーで来るのであればまだしも、血税を使って、旅行気分同然で来る議員には腹が立ちます。
そして、恥ずかしい。
どこの国の大使館も同じだと思いますが、国会議員が視察に来る時、現場の外交官たちは、一所懸命に時間をかけて築いてきた人脈を駆使して、面会のアポイントメントをとるんですね。
時として、あまりにも「格」が違う相手に対して、単なる有権者への誇示だけのためにアポ取りを要望してくる議員も多々いましたが、そんな中で、外交官たちは頑張るわけです。
残念なのは、よしんばアポが成り立ったとしても、面会内容がお粗末なことが多い。
何を議論しにきたのか、何を聞きにきたのか、何を得るためにきたのか、全く不明で、ただ握手して写真を取れればOKという人たちを何人も見てきました。
外交官として自分が築いてきた人脈や信頼が傷付くのは残念でしたが、
何より、「こんな人間が国会議員に選ばれてしまうような国なのか」と相手国から馬鹿にされること、すなわち国益が損なわれることが何より辛くて、忸怩たる思いをしたことも少なくありませんでした。
政治家は世界の舞台で、日本の顔を潰しちゃいけないんです。
日本の顔を創っていかなきゃならないんです。
国際感覚のある人間がもっともっと日本の政治家として世界に飛び出ていかなければ、この国の未来は切り拓けない。完全に置いていかれる。
そのためにも、現職国会議員には、海外視察の機会をもっともっと有効に利用していただきたいと思います。
ブログ一覧へ