夢七訓

こんばんは。

こばやし鷹之です。

今日は、訪問先のお宅で待っている間、テレビで高校野球が中継されていました。

表情を見ると、まだまだあどけないですが、必死さがひしひしと伝わってきます。

一人ひとりが夢や目標を一所懸命に追いかけているんですよね。

今も、隣の将棋教室で生徒である子供たちが、

「パチッ、パチッ」

と将棋を打つ音が聞こえてきます。

夏休みに入って、ほぼ毎日、朝から晩までやっています。

先生の厳しい指導の声も聞こえてきます。

廊下で会うと、みんな礼儀正しい。

「未来の羽生」を目指して頑張って欲しいです。

先日、80歳近い地元のおばあちゃんとお話させていただきました。

人としてどう生きるべきか、常に考え抜いてこられた方です。

元気に満ち溢れ、迫力があるんですね。

そのおばあちゃんが常に携帯している手帳。

良い言葉が満載でした。

その1ページに、渋沢栄一氏の「夢七訓」がありました。

夢なき者は 理想なし

理想なき者は 信念なし

信念なき者は 計画なし

計画なき者は 実行なし

実行なき者は 成果なし

成果なき者は 幸福なし

ゆえに幸福を求むる者は

夢なかるべからず

もし夢七訓が正しいとすれば、

自分の夢が何であるかを認識していない人は幸福ではないことになります。

でも、

「あなたの夢は何ですか?」

そう問われた時、即座に、

「私の夢は○○です。」

と答えられる人はどれだけいるでしょうか。

高校球児や将棋少年・少女は、明確な夢を持って幸せに生きているのでしょうが、

年を重ねるごとに、妥協を通じて、夢が錆びてしまいがちです。

でも、どんな人だって、どんな年になっても、その人なりに夢を持てるんじゃないでしょうか。

重要なのは、夢の大小ではなくて、夢をどこまで信じられるかだと思います。

おばあちゃんに今度会った時、

「夢は何ですか」

って聞いてみようと思います。

とても幸せそうに見えたので、必ず答えが返ってくると思います。

ブログ一覧へ