女の子と運転士(スタッフ)

こんばんは。 小林鷹之事務所のスタッフSです。 突然ですが、問題です。 ある親子がお出かけをしていました。 お父さんが笑顔で娘の手を取り、仲睦まじく歩いています。 電車に乗ることになり、二人が乗車をしていると、女の子は景色を見に前方の運転席へと移動をしました。 女の子はガラス越しに、運転席を見つめています。 すると、その女の子の顔を見た電車の運転士が、 『この子は私の娘だ。』 と、言いました。 この運転士は何者で、何故この様なことを言ったのか。 皆様、おわかりになったでしょうか? 勘違い、生き別れ、養子縁組、etc.色々な想像ができるかと思います。 わかる人は瞬間的に、わからない人はひたすらわからないかもしれません。 正解を先に言います。 Ans.その運転士は子供の『母親』であった。 これがこの問題の正解です。 答えがでなかった方は、運転士を頭で『男性=父親である』と認識されたのではないでしょうか。 人間は普段より五感やネットワークを利用して様々な情報を得ています。 知り得た情報を糧に、物事を判断することは大切なことかもしれません。 しかし、先入観は時として広い視野の障壁ともなることもあると思います。 つい最近では、震災及び原発事故の風評被害により、福島県から来た転校生がいじめられるなどの事例もありました。原発のある地域にいたという理由で、事故により放射能汚染されているのでは?と認識されてしまったのです。この児童が受けたショックはさぞかし甚大であったかと思います。父方が福島の出身の人間として、何とも言えないやるせない気持ちになったのを覚えています。 高度な情報化社会である現代だからこそ、あらゆる情報やツール、感覚を駆使して情報を判別・吸収できればと思っています。 もちろん、簡単にそれができれば苦労はいりませんが(^^;) """""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""" 頑張ろう日本! ~【prayforjapan】世界から届いた日本への祈り~ [ http://bit.ly/g55VB6 ] ←リンクをクリックしてください。 """"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
ブログ一覧へ