平成24年 年頭所感

明けましておめでとうございます。

昨年は、この国に大きな試練が与えられた一年でした。

そして、その試練は今もなお継続しています。

「絆」

昨年を表す漢字とされました。

この絆は、「糸へん」に「半分」と書きます。

異なる立場にある一人ひとりがお互いに小さな「半歩」を踏み出すことによって、一本の糸ができる。

そんな風に解釈すれば、昨年の感じが「絆」とされたことがしっくりくるんです。

しかし、一人ひとりが、そして、各地域が、絆を力にして、まさに立ち上がろうとしている今、この国を取り巻く環境は残念ながら良くはありません。

欧州では債務・金融危機や北朝鮮の後継体制の先行きに暗雲が立ち込める中で、世界経済のエンジンとなっていた中国やインドにおいても景気に陰りが見え始めています。加えて、今月中旬に投開票が行われる台湾の総統選を皮切りに、ロシア、フランス、アメリカ、韓国で大統領選挙が行われ、中国でも秋に指導者が交代します。国際政治がポピュリズムに走り、ナショナリズムが過度に高揚することが予想される中で、様々なリスクが顕在化する可能性が高まっています。

これまでのように、やるべきことを単に先送りしているだけでは、世界の荒海の中で、我が国が生き抜いていくことはできません。今、政治に求められているのは、中長期的な視点に立った決断、説得、そして実行です。

そのためにも、自らの保身といった些末なもののためではなく、国の未来の礎となるために命懸けで挑戦していくことを誓い、年頭の所感とさせていただきます。

※公職選挙法第147条の2の規定により、「公職の候補者となろうとするもの」は、年賀状を含む挨拶状を出すことを禁止されておりますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

ブログ一覧へ