ブログ

blog

HOME > ブログ > 憲法記念日にあたり

ブログ  blog

2020年05月3日

憲法記念日にあたり

今年も、この日を迎えるにあたり、我が国の未来を思う気持ちと忸怩たる思いが交錯してなりません。後者は、憲法のあり方に関する国会での議論が全く進展していないことに対する思いです。

自民党は元来、自主憲法の制定を党是とする政党であり、私もそのことに心から賛同する議員です。しかし、その憲法の由来だけではなく、憲法の施行から73年が経過する中で、我が国の人口構成、産業構造、技術、社会の価値観、周辺の安全保障環境等が大きく変化した中で、通常の立法措置ではその変化に対応しきれない事象が顕在化しています。

憲法を改正することに対する賛否は、世論も分かれますし、政党の見解も分かれるでしょう。しかし、法治国家である我が国において、最高法規たる憲法が、時代の要請にあったものでなければならないということについては、異論がないと思います。だとすれば、現行憲法がその要請に応えているのか否かを、立法府に属する国会議員が議論し、検証する行為は否定しがたいものです。

今は新型コロナウイルスの感染拡大という事態に直面しています。「有事にある今、憲法のあり方を議論するのはふさわしくない。平時に落ち着いて議論すべきだ」という論調も見られます。しかし、今回の新型コロナウイルスの発生前の平時において、こうした論陣を張られていた方の中には、現実的な必要性はないものとして、議論を回避されていた方も少なからずいらっしゃる。

自民党や私は、憲法改正の立場にありますが、改正するか否かは、制度上、国民投票という形で、国民の皆様の良識に委ねられるわけです。したがって、議論すらしないということは、国民から選択肢を奪うこと、そして、国民の良識を信じないことを意味することになりかねないと考えます。

巷間、言及される緊急事態条項(「緊急事態条項」といっても、私権の制限や国会議員の任期など様々な論点がありますが)についても、まずは立法措置や法解釈で対応すべきとの意見もありますが、私はそうした点も含めて、憲法とその他法律のあり方について国会で議論をすれば良いと思うのです。

繰り返しになりますが、私は現行憲法について、改正・改善すべき点は少なからず存在するとの立場です。本日は具体的な論点へ立ち入ることは控えますが、衆議院憲法審査会の幹事として、国民の皆様お一人お一人が憲法への考え方を更に深めて頂くことに資するような、目に見える形での議論を重ねていけるよう力を尽くしてまいります。

なお、本日から自民党憲法改正推進遊説・組織委員会HPにて憲法のアニメ動画や実写版の配信が始まります。順次コンテンツが追加される予定ですので、ご覧いただけますと幸いです。

https://www.jimin.jp/kenpou/yuuzeikai/?_ga=2.234920129.1913861146.1588430534-736147784.1580978799

<p><!– レスポンシブに対応していない為、非表示にしています。2017年10月23日佐野
<p><iframe src="//www.youtube.com/embed/EmJ22BNtjNU" width="302" height="180" frameborder="0" allowfullscreen="allowfullscreen"></iframe>
–></p>

最新号を見る(PDF形式)最新号を見る(PDF形式)
一覧ページ一覧ページへ
講演会入会お申し込み後援会入会お申し込み
献金のお願い献金のお願い

<p><!– レスポンシブに対応していない為、非表示にしています。2017年10月23日佐野
<p><iframe src="//www.youtube.com/embed/EmJ22BNtjNU" width="302" height="180" frameborder="0" allowfullscreen="allowfullscreen"></iframe>
–></p>




たかゆきチャンネル
鷹之ブログ
ツイッター フェイスブック
自民党LibDems
pagetop
pagetop