畏友からのメッセージ

おはようございます。

小林鷹之です。

昨日、留学中に知り合った、人生の先輩であり畏友でもある方がお亡くなりになりました。

享年47歳、あまりにも若すぎる死でした。

時には厳しく叱ってくれて、時にはめちゃくちゃ温かく包み込んでくれる方でした。

心に大きな穴が開いた気分です。

私が一年前に政治の世界に足を踏み入れる際に、彼が送ってくれた下記のメッセージを読み返しながら、そこに込められた意味を噛みしめています。

真っ直ぐなエリートには、見えないものがありすぎる。

しかし、ホークは一番大切なものを持っている。

正義の心。誠実さ。

ホークよ、驕るなよ。信念さえも疑え。

僕たちは99.9%のことはわかっていない。

どんなに偉くなっても学び続けよう。

みんなで力を合わせてベターワールドを創っていこうぜ。

ブログ一覧へ