証券化に対する幻想

こんばんは。

こばやし鷹之です。

最近、娘が寝返りを打つようになりました。 まだ3か月なんですけれど、ぐりんぐりん回るので、一緒に川の字になって寝たはずが、いつの間にか頭と足が逆になっていることも(苦笑)。 先日は、娘の顔面キックで目が覚めました・・・

さて、最近、ヒートアップしている民主党代表選挙。 そもそも政治の空白・混乱を自ら招いて、脆弱な状態にある経済に敢えて足かせをはめる必要は全くないと思いますが、それを言っても仕方がないので、今日は財源論です。

財源論の一つとして、小沢さんが最近「証券化」という言葉を使い始めました。

国有財産を証券化すれば財源が出てくると。

結論から言うと、あまりにも乱暴な議論であり、無責任極まりないと感じています。 本当にご本人が理解しているのか甚だ疑問です。 確かに国有財産は600兆円近く存在します。 この国有財産は大きく3つに分けることができます。

一つは、売れない資産または売るべきではない資産です。

前者の例としては、道路や河川。

後者の例としては、自衛隊の基地、為替介入と密接に関連する外貨建て資産、将来の支払いに充当すべき年金資産。

次に、国有財産の大半を占めるのが財政融資資金貸付金です。 簡単に言えば、財投債(≒国債)で資金を調達して、民間ではリスクテイクできないインフラ整備などを目的とした政府系機関などに対する中長期の貸付です。 小沢さんがこの貸付金の証券化により財源を捻出することを考えているとすれば、明らかに間違っている。 上述のように、この資産は負債と両建て、すなわち資産を証券化によって売却しても借金の返済に充てなければいけないものです。 証券化によって、借金を上回る現金を獲得できるとの見解も一部にありますが、資産を裏付けとして発行される証券は、最も安全とされる国債よりも必ず金利が高くなる、つまり、債券価格が国債よりも低くなるため、証券化して資産を売却すると逆に損をするんです。 しかも手数料も取られますから、証券化により新たな財源が生まれるとするのはまやかし以外の何物でもありません。

最後に、残るのが狭義の国有財産です。

しかしながら、売却可能なのは未利用国有地くらいであり、これは微々たる額でしかありません。

百歩譲って、いくらか売却収入を得たとしても、これは一回限りのもの。

小沢さんが固執しているマニフェストは、子ども手当をはじめとするバラマキメニュー満載です。

このバラマキは一回限りではなく、継続するものなんです。

だとすれば、持続可能性がないことは明白です。

「証券化」という一般にはよく理解されていない概念を持ち出して、あたかも打ち出の小槌のように見せかけて、国民を騙そうとしていることに私は強い憤りを覚えます

私たち国民が本当に騙されれば、いつの間にか借金だけが膨らみ、国は破産します。

一事が万事。

結局、「国民の生活が第一」と聞こえの良いことを言いながら、やっていること、やろうとしていることを見れば、国の将来に対する責任感が欠如していると言わざるを得ません。 国の未来を壊す政治家たちに、この国の舵取りを委ねるわけにはいきません。

ブログ一覧へ