Learn from yesterday, Live for today,・・・(スタッフ)

こんばんは。 小林鷹之事務所のスタッフSです。 桜も散り行き、葉桜が目立って来ました。 桜の花が散って行く景色は、いつ見ても時代の変移を感じます。 春は出会いと別れの季節ですね。 入学式や入社式など、新たなSTARTを切る人も多いことでしょう。 無限の未来に多いに期待し、新たなる門出を心から祝したいと思います。 前回の桜の季節から、どれだけの時が経過したでしょう。 この歳になっても、1年というのは長いのか短いのかわかりません。 1年間を細かくすると、 365日=8760時間=525600分=31536000秒 という計算になります。 元旦から1秒ずつ数えだしたとして、3000万数えたら12月になる訳です。 これを『もう』と思うか『まだ』と思うかは、個々の感性に依るとこでしょう。 その数え終えた時間は二度と戻ることはないと思うと、『時は金なり』とはいみじくも言ったものです。 私の座右の銘であり、大好きな言葉で、 『Learn from yesterday,Live for today,Hope for tomorrow.』 という言葉があります。 和訳すると、 『昨日から学び、今日を生き、明日へ期待しよう。』 です。 相対性理論で有名な、アルバート・アインシュタインの言葉です。 今日があるのも昨日のお陰で、明日があるのも今日のお陰だと思います。 時代の英知、先人の伝統、自己の経験から学び、限られた時間の中で何を思い何ができ、どれだけの希望を抱けるのか。 人生は生きている限り勉強ではないでしょうか。 今日という一日は、残りの人生の最初の一日です。 学生時代より10kg超太った私でございますが、大好きなラーメンとプリンを食べて、明日へ多いに期待したいと思います。
ブログ一覧へ